Archive for the ‘お金がない’ Category

お金がないならどこかからか借りれば良い

お金がないならお金を手に入れれば良いのです。お金は使えば使うほど減っていき、減らすのは簡単でも逆に増やすのは難しいです。どうにかしてお金を手に入れなければ生きていくことすら難しいです。
そのためにはお金を手に入れる必要がありますから、なんとかして適切なやり方で手元のお金を増やすしかありません。ですがなんとかして稼ぐやり方。他にもギャンブルに買って手元のお金を何倍にも増やすのは簡単ではありません。
安全なやり方でお金を手に入れることが大切ですが、手っ取り早くお金を手に入れる方法があります。それがキャッシングです。


お金がない人の強い味方、消費者金融

消費者金融や銀行系カードローン、他にも信販系カードローンなどで借り入れたお金の使い道は自由です。お金がないと思っているその理由にアプローチすることができます。
生活費が足りないあなたも、遊ぶお金が足りないというあなたにも、旅行に出かけるためのお金が欲しいあなたにも対応することができるのがカードローンです。
キャッシングでお金を手に入れることによって今あなたが抱えている問題を解決に導くことができるはずです。
銀行カードローンも存在しますが、消費者金融のものならより多くのターゲットが想定されているので使いやすいです。銀行よりもより多くの人を助けてくれること間違いなしです。


借り入れたお金を返済するということ

キャッシング後に待ち受けているのが、そのお金の返済。借り入れたお金。これは借りたものですから、返すのは当たり前としてさらにそのキャッシング額によって利息が発生してこれもあわせて返済することになります。
その返済が終わるまではずっと、自分の収入の中からその返済分のお金をずっと用意することになりますから、それはかなり生活の中で負担になるはず。その負担をしっかり覚悟しておきましょう。

 

債務整理後のお金がない生活をどう乗り切るか

借金を返済できなくなった時に行う債務整理。
これを行うメリットはいくつかありますが、しかし同時にデメリットがあるのも事実です。
その一つに、これを行って5~10年間はキャッシングができなくなるというのがあります。
では、この期間のお金がない時期をどのように乗り切ればいいのでしょうか?


債務整理後のお金がない時期はひたすら仕事に励むのがいい

借り入れができなくなると、もう自分のお金だけで生きていかなければならなくなります。
仕事をし、その収入だけで生計を立てていくのです。
それまでは借り入れ金に頼っていた部分もあると思うのですが、借り入れができない5~10年間は自立の期間だと思って真面目に働き、そしてその収入だけで生きていけるようにしましょう。
ギャンブルでお金がないという状況に陥っていたという人も、ここで足を洗えればいいですね。


「自己破産でも利用できるローン」に注意

債務整理は借金の請求や取立てをなくせるメリットがありますが、一方で事故情報として残るというデメリットを抱えています。
そのためこれを行ったあとは金銭的信用に傷が付き、借り入れが難しくなるのです。
しかしいろいろなキャッシングを見ていると、「自己破産した人でも可」「債務整理直後でも可」といった宣伝をしているところがあります。
お金に困ったらついついそのようなところに行きがちですが、このように訴えてくるところはたいてい高金利で貸し出しを行うヤミ金ですので注意しましょう。
それに頼ってしまうとさらなる借金地獄に陥ってしまうことがあります。
もしそのようなところを見つけても、簡単に申し込みを行わないようにしてください。

 

お金がないなら作れば良い

さぁどうやって作るか。そこが一番の課題であり一番の問題点です。仕事をして稼ぐということが一番安全かつ確実にお金を作れる行為ですが、お金がないという人は実際に仕事をしていて固定の収入があるという方がほとんどです。
最善の努力をしているにも関わらずお金が手元にないからこそ、お金がないぞと呟く訳ですね。
そこで今回は働きながらも更にお金を増やすにはどうしたら良いのかを考えてみます。


収入と支出の反比例を目指して

お金がないという方は実は収入と支出を比例させてしまっている場合がほとんどです。お給料が上がったからご褒美に欲しかったあれを褒美として買ってしまおう、ボーナスが出たから景気よく旅行でも行ってしまおうか、このように収入が増えると気持ちが大きくなるせいで支出も増えてしまいます。

ここでよく勘違いをする部分として「ご褒美」の定義についてあげておきます。ご褒美とは褒めて与えるものであり、常に浪費をすることが褒美になるということではありません。お金を沢山使ってしまえばその分手元の現金は物に変わっていくわけで、後からまたお金がないということになってしまいます。


お金がない時はステージ制でご褒美を準備

モチベーションを保つためにうまくご褒美を与える方法としておすすめするやり方は、各目標金額をステージとして設定し、それが上がる程ご褒美レベルをアップさせるという方法です。それでは比例して出費してしまうだとうと思うかもしれませんが、それは金額の設定にかかっています。
浪費家の思考というのは10万円稼いだ際に5万円以上をご褒美にしてしまうというものです。稼いでも半分以上をご褒美に使ってしまっては手元に残る現金が少なくなってしまいます。
余裕を持って生活をしてかつお金があるという状態にするためには、ご褒美の割合は3割までに抑える必要があります。10万円稼いで3万円をご褒美にしたら、残りの7万円は生活費や貯金に充てることが出来ます。この余裕を持ったお金の使い方がとても大事なのです。

お給料が上がったからといって欲しいものをバンバン買ってしまってはお金がない生活のまま物が増えただけの生活になってしまいます。自分の収入と支出を比例させず、ステージ制度と共に計画的なご褒美を用意することで財産もモチベーションもアップしていくのです。
自分のお金の使い方は自分で決めることが出来ますが、実際にどのようなものにお金を使っているのかは客観的に確認しなければ見えて来ません。お小遣い帳や家計簿などと丁寧につけるよう心掛け、自分の支出確認をしていくことがお金を作り出すことへの近道なのです。

 

お金がない時にお金を作るための方法とは

お金がない時、お金を増やしていくためには、使うお金を減らすかもっとお金を稼ぐしかありません。しっかり家計の管理をしているのにお金がない方は、生活水準を見直してみる必要があります。時には我慢も必要ですが、どうしても必要なものがある場合には、稼ぐお金を増やしてみるのも手です。


お金がない時には副業をしてみる

普段パート・アルバイトをしている方で職場の都合上シフトが増やせない方、お子さんが小さく手が離せない主婦の方には、副業をおススメしています。家で出来る在宅や、短時間で終わるバイトなど、自分に合った副業を探してみてください。最近は家で出来る副業も沢山の種類があります。インターネットが普及したため、会社と社員がWEB上で仕事のやり取りをすることも出来るようになりました。そのため企業はパソコンや必要な環境が揃っている方に対して、個別に発注することも出来ます。単価が決まっているので自分で時給として計算しやすいですし、納期に間に合いさえすれば空いた時間を利用して仕事をすることが出来ます。


使うお金が減ればお金がない生活から脱出出来る

実際に副業を始めたとしても、稼いだ分沢山お金を使ってしまっては、お金がない生活に逆戻りです。稼いだ分のお給料を有効に使えるよう心がけることが大切です。身の回りにあるいらないものを整理してリサイクルショップに売るのも良いです。いらないものを維持するためにも費用が使われていることがあるので、何にいくら使われているのか把握しましょう。

お金がなければちょっと多く働いてみる・家計簿をつけてみる、色々方法はありますが、自分が飽きてしまい途中でやめてしまっては元も子もありません。確実に続けられる副業やお金の管理方法を見つけ、お金がない生活を抜け出して、新たな一歩を踏み出しましょう。

 

お金がない人の特徴とは?

お金持ちになる人の特徴って、親がもともとそうだったり小さい頃から苦労している人などもいますよね。
では、お金がない人の特徴とはなんでしょう、それは父親がサラリーマンで母親が専業主婦といった一般的な家庭産まれの人。
もちろん、そうではない人もいるでしょうけど、他にも節約が苦手な人や見栄を張る、家族と仲が悪い人なんだそうです。
これを読んでいる人の中に、当てはまっている人がいるのなら注意した方がいいかもしれませんね。


お金がないなら働こう!

会社員などはいいかもしれませんが、主婦や学生の場合は複数掛け持ちすることが出来るので働くのがいいでしょう。
お金がないと文句を言うばかりではなくて、少しでも収入口を増やすことが賢明なのではないでしょうか?
消費者金融からお金を借りてもいいのですが、後日返済するので向き不向きが出てくると思います。
お金がない状況になってしまったら、まず自分に何が出来るのかという事を考えるようにしてみてはいかがでしょう?


あなたの食欲は大丈夫?

実は、食欲や睡眠欲などがだらしないと言う人は、お金を稼ぐことが出来ない人だと言われています。
時間を無駄にしてしまう人もお金がない状態になりやすいと言われているので、規則正しい生活が望ましいですね。
お金がないと困っている人は、自分の生活習慣などにも気を配るようにしたほうがいいのかもしれません。

 

お金がないときは目的別キャッシングもチェック

お金がないときに利用するキャッシングカードローンなどでは、利息を安くする代わりに、一定の制限を設ける融資プランがあるそうです。フリーローンなどの商品では、仕事などに利用することを禁止、他の利用に関して大きな制限のない商品になりますが、このローンは少しだけ違うそうです。


一定の目的に使うお金がない

目的別キャッシングという商品では、一定の目的に利用するお金がないという人をターゲットとしています。ブライダルや新車購入、ペット関係など現金での出費が多くなる買い物などで利用できることが多く、会社によってこのプランで用意があるものも変わるそうです。ウエディングの場合は、結婚式や披露宴に使うお金など、一定の制限内では自由に借りたお金の利用が認められます。


利息が安い代わりに返済日が選べないことも

フリーローンの場合、ほとんどの会社で返済日を自分で設定して返済を進めることを可能にしているそうですが、このような目的別キャッシングの場合は、利息を安くしてお金がない人への負担が減る分、返済方法や返済日が指定されていることも多いそうです。その分、フリーローンよりも制約は増えるため、自分が返済しやすいプランのストレスの比重などもみましょう。

【PR】

 

お金がないから返せない、消費者金融で借りた分はどうなるの?

お金がない人がローン商品などを利用して返済を順調に行っていたとしても、病気やけがなど予期しない出来事で一時的に支払いがストップする可能性などがあるかもしれませんよね。このような場合は一般的には収入も下がりますし、お金がないから支払えないという問題を考えておくといいでしょう。


お金がないときは会社に連絡を

返済するお金がないときには、まず会社などに返済ができない理由などを連絡することが先決だそうです。もし再開する時期などが明確な場合は、このくらいだけ待ってほしいなど相談をすることとなります。そうではなく、長期的に返済ができない、あるいは経済的な事情がしばらく解決しない可能性のある場合には、自分だけでなく、債務整理などを専門的に扱っている弁護士などにも相談する必要があるそうです。


親などが代わりに返済する必要は無

保証人無、担保なし、というプランで少額ローンは多くの場合成り立っています。この場合には、家族や親族でも、肩代わりをして返済する義務があるわけではないそうです。もちろん、家族の好意で行うのは自由ですが、法律上、返済義務という問題があるのは契約をした名義人のみということになります。契約書などの控えは絶対に保存しておくと、いざというときに契約内容などを確認できるでしょう。

 

お金がない人が頼れる金融機関と法律

お金がない人が、現金の融資を受けることができる会社は消費者金融や銀行があります。よく専業主婦が利用するなら銀行へ、審査に自信がない人は消費者金融がいい、などのケース別対応などを目にすることがあるのですが、この理由で考えられるものをご紹介します。


お金がない人にお金を貸す法律

お金がない場合、お金を借りて何とかするものですが、命などにも直結する問題なので、どんなに高い利息でも借りてしまうというケースがあるそうです。このような闇金、グレーゾーン金融などを法律で禁止しているのですが、ほかにも消費者金融では貸金業法、銀行では銀行法という法律で、会社が利用者へお金を貸し過ぎるなど、問題がないように、融資に関する決まりごとをキチンと定めているのです。


消費者金融にある制限

明確な制限という点では、お金がない人の年収などから利用できる貸付金の上限などを決めている消費者金融のほうが、制限はきちんとしている印象があるようです。しかし、数字から上限を導いているという点などから、銀行のほうが限度額が高いなどという意見も出ていることもあるそうですが、審査が銀行のほうが厳しいという声もあがるようです。利息や借りる金額、返済するプランなどから選ぶといいでしょう。

《参考情報》
プロミスの審査条件とは? → テレビCMでもよく見かけるプロミスの審査を中心に取り扱っているサイト

 

お金がないときに借りた借金の利息が多かった場合は?

若いころにお金がないので、消費者金融などを利用していた、あるいは昔お金がないから借りた借金の返済をまだ行っているなど、貸金を行う金融機関の利用をしたことがあるという人は案外、多くいるそうです。このような人の中で、利息を支払い過ぎているという可能性のある人もいることがわかっています。


お金がない人にお金が返ってくる!

これは法定金利という、利息を決めるときに国が定めた上限を破っていた会社で借りた場合に問題になります。高利貸しなどの言葉は残っていますが、現在の日本では法律があり、この法律が決めた割合以上の利息の請求は違法となります。そのため、今、お金がない、あるという問題ではなく、多すぎる分は、支払いを会社に請求することができます。これは取引履歴などの書類が手元にない場合でも可能です。


司法書士や弁護士に相談を

個人で対応すると、会社が取引履歴の開示をなかなか行ってくれないという問題もあるそうです。取引履歴は過払いの有無にかかわらず可能ですが、問題が進まない場合には司法書士や弁護士に頼るといいでしょう。実際に裁判で争って、利息の過払い分に、会社の悪意があった回収として5パーセント程度の利息をつけ、多い金額を回収した例もあるそうですよ。

 

お金がないときは即日審査でOK

お金がないときには、できるだけ早い時間に現金を手元に欲しいという人が多いかと思います。特に支払いなどもある場合には、時間が直ぐに過ぎてしまうので不安ということもありますし、クレジットカードの引き落とし関係が頭からすっかり抜けていたなんてことも、まれにあるでしょう。


お金がないならスピードのある融資を

このように支払いなど、期限が有限であるものに対するお金がない人へのサービスで人気がたかいものが、即日審査やスピードキャッシングと言われる、審査申し込みから受け付けまでの時間を多く使わないものです。できるだけ早い審査時間で対応してくれますから、支払いは午後までなどという問題にも、対応できるケースもあるそうです。


インターネット経由で受け付けは24時間

審査を行うのは会社の人になりますが、審査受付はインターネット経由で申し込めることから、受付は24時間対応という会社もあるそうです。メールや電話など、自分の都合がつく方法での結果報告を受けることもできるので、仕事中に連絡が来てしまうという不安なども解消されていると言われています。お金がないときには、即日、スピードなどが商品名についているものがいいかもしれませんよ。