Archive for 6月, 2014

お金がないときは目的別キャッシングもチェック

お金がないときに利用するキャッシングカードローンなどでは、利息を安くする代わりに、一定の制限を設ける融資プランがあるそうです。フリーローンなどの商品では、仕事などに利用することを禁止、他の利用に関して大きな制限のない商品になりますが、このローンは少しだけ違うそうです。


一定の目的に使うお金がない

目的別キャッシングという商品では、一定の目的に利用するお金がないという人をターゲットとしています。ブライダルや新車購入、ペット関係など現金での出費が多くなる買い物などで利用できることが多く、会社によってこのプランで用意があるものも変わるそうです。ウエディングの場合は、結婚式や披露宴に使うお金など、一定の制限内では自由に借りたお金の利用が認められます。


利息が安い代わりに返済日が選べないことも

フリーローンの場合、ほとんどの会社で返済日を自分で設定して返済を進めることを可能にしているそうですが、このような目的別キャッシングの場合は、利息を安くしてお金がない人への負担が減る分、返済方法や返済日が指定されていることも多いそうです。その分、フリーローンよりも制約は増えるため、自分が返済しやすいプランのストレスの比重などもみましょう。

【PR】

 

お金がないから返せない、消費者金融で借りた分はどうなるの?

お金がない人がローン商品などを利用して返済を順調に行っていたとしても、病気やけがなど予期しない出来事で一時的に支払いがストップする可能性などがあるかもしれませんよね。このような場合は一般的には収入も下がりますし、お金がないから支払えないという問題を考えておくといいでしょう。


お金がないときは会社に連絡を

返済するお金がないときには、まず会社などに返済ができない理由などを連絡することが先決だそうです。もし再開する時期などが明確な場合は、このくらいだけ待ってほしいなど相談をすることとなります。そうではなく、長期的に返済ができない、あるいは経済的な事情がしばらく解決しない可能性のある場合には、自分だけでなく、債務整理などを専門的に扱っている弁護士などにも相談する必要があるそうです。


親などが代わりに返済する必要は無

保証人無、担保なし、というプランで少額ローンは多くの場合成り立っています。この場合には、家族や親族でも、肩代わりをして返済する義務があるわけではないそうです。もちろん、家族の好意で行うのは自由ですが、法律上、返済義務という問題があるのは契約をした名義人のみということになります。契約書などの控えは絶対に保存しておくと、いざというときに契約内容などを確認できるでしょう。

 

お金がない人が頼れる金融機関と法律

お金がない人が、現金の融資を受けることができる会社は消費者金融や銀行があります。よく専業主婦が利用するなら銀行へ、審査に自信がない人は消費者金融がいい、などのケース別対応などを目にすることがあるのですが、この理由で考えられるものをご紹介します。


お金がない人にお金を貸す法律

お金がない場合、お金を借りて何とかするものですが、命などにも直結する問題なので、どんなに高い利息でも借りてしまうというケースがあるそうです。このような闇金、グレーゾーン金融などを法律で禁止しているのですが、ほかにも消費者金融では貸金業法、銀行では銀行法という法律で、会社が利用者へお金を貸し過ぎるなど、問題がないように、融資に関する決まりごとをキチンと定めているのです。


消費者金融にある制限

明確な制限という点では、お金がない人の年収などから利用できる貸付金の上限などを決めている消費者金融のほうが、制限はきちんとしている印象があるようです。しかし、数字から上限を導いているという点などから、銀行のほうが限度額が高いなどという意見も出ていることもあるそうですが、審査が銀行のほうが厳しいという声もあがるようです。利息や借りる金額、返済するプランなどから選ぶといいでしょう。

《参考情報》
プロミスの審査条件とは? → テレビCMでもよく見かけるプロミスの審査を中心に取り扱っているサイト

 

お金がないときに借りた借金の利息が多かった場合は?

若いころにお金がないので、消費者金融などを利用していた、あるいは昔お金がないから借りた借金の返済をまだ行っているなど、貸金を行う金融機関の利用をしたことがあるという人は案外、多くいるそうです。このような人の中で、利息を支払い過ぎているという可能性のある人もいることがわかっています。


お金がない人にお金が返ってくる!

これは法定金利という、利息を決めるときに国が定めた上限を破っていた会社で借りた場合に問題になります。高利貸しなどの言葉は残っていますが、現在の日本では法律があり、この法律が決めた割合以上の利息の請求は違法となります。そのため、今、お金がない、あるという問題ではなく、多すぎる分は、支払いを会社に請求することができます。これは取引履歴などの書類が手元にない場合でも可能です。


司法書士や弁護士に相談を

個人で対応すると、会社が取引履歴の開示をなかなか行ってくれないという問題もあるそうです。取引履歴は過払いの有無にかかわらず可能ですが、問題が進まない場合には司法書士や弁護士に頼るといいでしょう。実際に裁判で争って、利息の過払い分に、会社の悪意があった回収として5パーセント程度の利息をつけ、多い金額を回収した例もあるそうですよ。

 

お金がないときは即日審査でOK

お金がないときには、できるだけ早い時間に現金を手元に欲しいという人が多いかと思います。特に支払いなどもある場合には、時間が直ぐに過ぎてしまうので不安ということもありますし、クレジットカードの引き落とし関係が頭からすっかり抜けていたなんてことも、まれにあるでしょう。


お金がないならスピードのある融資を

このように支払いなど、期限が有限であるものに対するお金がない人へのサービスで人気がたかいものが、即日審査やスピードキャッシングと言われる、審査申し込みから受け付けまでの時間を多く使わないものです。できるだけ早い審査時間で対応してくれますから、支払いは午後までなどという問題にも、対応できるケースもあるそうです。


インターネット経由で受け付けは24時間

審査を行うのは会社の人になりますが、審査受付はインターネット経由で申し込めることから、受付は24時間対応という会社もあるそうです。メールや電話など、自分の都合がつく方法での結果報告を受けることもできるので、仕事中に連絡が来てしまうという不安なども解消されていると言われています。お金がないときには、即日、スピードなどが商品名についているものがいいかもしれませんよ。