債務整理後のお金がない生活をどう乗り切るか

借金を返済できなくなった時に行う債務整理。
これを行うメリットはいくつかありますが、しかし同時にデメリットがあるのも事実です。
その一つに、これを行って5~10年間はキャッシングができなくなるというのがあります。
では、この期間のお金がない時期をどのように乗り切ればいいのでしょうか?


債務整理後のお金がない時期はひたすら仕事に励むのがいい

借り入れができなくなると、もう自分のお金だけで生きていかなければならなくなります。
仕事をし、その収入だけで生計を立てていくのです。
それまでは借り入れ金に頼っていた部分もあると思うのですが、借り入れができない5~10年間は自立の期間だと思って真面目に働き、そしてその収入だけで生きていけるようにしましょう。
ギャンブルでお金がないという状況に陥っていたという人も、ここで足を洗えればいいですね。


「自己破産でも利用できるローン」に注意

債務整理は借金の請求や取立てをなくせるメリットがありますが、一方で事故情報として残るというデメリットを抱えています。
そのためこれを行ったあとは金銭的信用に傷が付き、借り入れが難しくなるのです。
しかしいろいろなキャッシングを見ていると、「自己破産した人でも可」「債務整理直後でも可」といった宣伝をしているところがあります。
お金に困ったらついついそのようなところに行きがちですが、このように訴えてくるところはたいてい高金利で貸し出しを行うヤミ金ですので注意しましょう。
それに頼ってしまうとさらなる借金地獄に陥ってしまうことがあります。
もしそのようなところを見つけても、簡単に申し込みを行わないようにしてください。

 

Comments are closed.