お金がない人が頼れる金融機関と法律

お金がない人が、現金の融資を受けることができる会社は消費者金融や銀行があります。よく専業主婦が利用するなら銀行へ、審査に自信がない人は消費者金融がいい、などのケース別対応などを目にすることがあるのですが、この理由で考えられるものをご紹介します。


お金がない人にお金を貸す法律

お金がない場合、お金を借りて何とかするものですが、命などにも直結する問題なので、どんなに高い利息でも借りてしまうというケースがあるそうです。このような闇金、グレーゾーン金融などを法律で禁止しているのですが、ほかにも消費者金融では貸金業法、銀行では銀行法という法律で、会社が利用者へお金を貸し過ぎるなど、問題がないように、融資に関する決まりごとをキチンと定めているのです。


消費者金融にある制限

明確な制限という点では、お金がない人の年収などから利用できる貸付金の上限などを決めている消費者金融のほうが、制限はきちんとしている印象があるようです。しかし、数字から上限を導いているという点などから、銀行のほうが限度額が高いなどという意見も出ていることもあるそうですが、審査が銀行のほうが厳しいという声もあがるようです。利息や借りる金額、返済するプランなどから選ぶといいでしょう。

《参考情報》
プロミスの審査条件とは? → テレビCMでもよく見かけるプロミスの審査を中心に取り扱っているサイト

 

Comments are closed.